TOKYO GAME SHOW 2007

2007/09/22 … 幕張メッセ

昨年に引き続き、ゲームプラットフォームの覇者はNintendoDS。そして、据え置き機もWiiの一人勝ちという状況が明らかになってきています。そんな中、任天堂が出展しないゲームショウにどれだけの価値があるのか? 個人的にはそんな思いもありますが、それでも出かけるのです。イベント好きですから。

会場前
会場前

9月も下旬だというのに晴れて暑いです。

長い行列の最後につき、黙々と入り口まで歩いていきます。

会場入口
会場入口

着きました。

入ってすぐ目につくのは、レベル5ブース。単独でブースを出せるようになるなんて、出世したなぁ。限定版DSソフトを無料配布中とのことで、かなりの行列です。君たちそんなにレイトン教授好きなのかー。

レベル5ブース
レベル5ブース

しかし、あとで再度立ち寄ってみると、ブースの照明が全て落ちてしまっていました。システム障害で公開停止とのこと。初出展でこれは、あいたたたーですね。

その近くに、マーベラスエンターテイメントも。ゲームタイトルでは、ある意味これが一番楽しみで来たのですよ。王様物語

王様物語
王様物語

プレイアブルではなくて、映像出典のみでしたが、今までどんなゲームか図りかねるところがあったので、これだけでも十分です。だいぶゲームの雰囲気はつかめたと思います。ますます楽しみになりました。

王様物語・映像
王様物語・映像

お次は、セガブースの前を通りかかりました。ナイツ〜星降る夜の物語〜コーナーが、どこのテーマパークですか?っていうほど気合いの入った素敵な作りです。

セガブース
セガブース

ぜひ遊んでみたいところでしたが、待ち時間が3時間もあるようで。1作品にそこまで時間は割けません、すみません…。

そんなこんなで、一番奥のイベントステージに到着。13時から始まる「レトロゲーム・アワード2007」を観に来たのですよ。昨年に引き続き、ゲームセンターCX×日経エンタテインメント!ということで、有野課長も登場。そのために1時間前から場所取りですよ。

レトロゲーム・アワード2007
レトロゲーム・アワード2007

どういう趣旨かというと、1985年〜1987年に発売された164作品を再評価して、優秀作品を表彰しようという、よく分からない賞ですね。一般公募と、審査員による選出です。審査員は、日経エンタテインメントの品田英雄氏と、ゲイムマン氏、それから審査委員長の有野課長こと、有野晋哉氏です。

まあ、いくつか賞があったんですが、それの中身はどうでもいいとして、ゲストが結構豪華。

まずは最優秀新人賞としてメタルギア作者の小島秀夫氏が登場! 20年前の自分に与えられた新人賞ということで、いちいち調子を合わせて20年前っぽいコメントをしてくれました。MSX2の初代メタルギアは、社内ではクソゲーNo.1と言われていたそうですよ。

審査委員特別賞として魔界村が選ばれ、プロデューサの藤原得郎氏が登場しました。魔界村は、全シリーズ通してもファミコン版が一番難しいと考えていらっしゃるそうで、アーケード版と比べてもファミコン版は難しく作られているそうです。大人の事情とやらで。そりゃあ、有野の挑戦で失敗もしますわね。コンティニューないし。

そして、最後の優秀賞は、スーパーマリオブラザーズ。当然といえば当然でしょうか。そして、真のハプニングがここに。世界の宮本茂氏が登場! 初めての生宮本氏! 会場騒然! うわーうわー!

なんでも、一般投票で選ばれたことが嬉しくて、わざわざおいでくださったそうですよ。スーマリは10人ほどのスタッフで作り、そのメンバーとは今も一緒に働いているそうです。また、自分の子供もちょうどスーマリのころに生まれたとのことで、いろいろ感慨深いでしょうね。

そして、最後、有野課長といえば挑戦、ということで昨年に引き続き、公開挑戦をさせられることに。タイトルは魔界村。よりによって(笑)

藤原氏を舞台袖から呼び戻し、2人で挑戦することに。有野課長は全然ダメでしたが、藤原氏が2機目で、レッドアリーマーを華麗に退治! 突然プレイさせられたのに、これはすげえ!

やっと立ちっぱなしから解放。いろいろ見て回りましょう。

カプコンブースの片隅にある、WE LOVE GOLF!をやってみることにしました。やっぱり、こういうところでは、買うか買わないか微妙なものをプレイしたほうがいいですよね。

WE LOVE GOLF!
WE LOVE GOLF!

Wiiリモコンをクラブに見立ててプレイするわけですが、振らせるタイミングがちょっと変わっています。いわゆる、今までのゴルフゲームでボタンを押させるタイミングで、Wiiリモコンを振るんですよ。

まあ、いいって言えばいいんですが、スイングがトップに来たときに、幾分、待たされるのがちょっと気持ち悪いかなぁ。それ以外はとても直感的にプレイできるので、スイングに違和感を持たなければぜひ、といったところでしょうか。

同じくカプコンのバイオハザード アンブレラ・クロニクルズも遊んでみたかったのですが、数時間待ちということで、これは断念。ああ、残念。

バイオハザード アンブレラクロニクル
バイオハザード アンブレラクロニクル

お向かいにある、スクウェア・エニックスブースで、DS版ドラゴンクエストIVの列に並んでみました。待ち時間20分とありましたので。でも、実際はもっと待たされたような…。

ドラゴンクエストIV
ドラゴンクエストIV

プレステでのリメイク版は買ってなかったので、欲しいと思ってるんですよねー。ちょっと遊んでみた感覚では、スムーズに動いていたので、ストレス無く遊べそうです。

メニューの選択肢の感覚が少し広めだったので、タッチペンで遊びやすいようにとの配慮かと思ったのですが、試遊台にはタッチペンがなかったので、そのあたりは確認できず。

一応、SCEブースにも足を運んでみました。

SCEブース
SCE

結構人は集まっていましたが、それでもPS3は売れていないわけで…。こういったイベントでの反応と、実際の売り上げとの剥離を見ると、このままじゃ、あんまり良くないんじゃないの?と人ごとながら、ゲームショウのありようについて、少々心配になります。

最後は、マイクロソフトブースで、エースコンバット6 解放への戦火を遊んでみました。

マイクロソフトブース
マイクロソフトブース

列に並んでいる最中、ステージ上のソフト紹介ムービーをずっと眺めていたのですが、Xbox360もかなり充実してきましたね。でも、そろいもそろってゲーマー向けタイトルなので、この先本当にこれだけでいいと思っているのかしら、と余計な心配を。

さて、順番が回ってくると、6人対戦オンリーでした。思ったような操作もままならない中、結果は同着5位。どうやれば勝てるのかよく分からないんですよね。Xbox Liveによる対戦ってかなり期待しているのですが、自分がかって楽しめるのかどうか、ちょっと不安になります。

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる