AOU 2007 AMUSEMENT EXPO

2007/02/17 … 幕張メッセ

暖かい日が続いていて、2月なのにもう春?と思わせる今日この頃。お出かけにはうってつけの中、今年もAOUがやってきました。

JR海浜幕張駅前のゲート
JR海浜幕張駅前のゲート

今回は、そこそこ早い時間─と言っても11時くらいですが─に到着したので、人もまばら。じっくり見るなら今がチャンス。

会場全景
会場全景

スクウェアエニックスの子会社となったタイトーでは、ドラゴンクエスト モンスターバトルロードが参考出展されています。

ドラゴンクエスト モンスターバトルロード:筐体
ドラゴンクエスト モンスターバトルロード:筐体

ドラクエVIIIの世界をもとにしたカードゲーム。カードでモンスターを呼び出して戦わせるみたいです。参考出展のため、プレイすることはできなかったのですが、画面はきれいに動いていましたね。ドラクエVIII相当って感じです。

ドラゴンクエスト モンスターバトルロード:カード
ドラゴンクエスト モンスターバトルロード:カード

今回一番の注目作は、コナミブースにあります。オトメディウスです。

オトメディウス:看板
オトメディウス:看板

グラディウスの流れをくむ新作。コナミの横スクロールシューティングなんて、いったい何年ぶりでしょう。キャラクタデザインと設定監修は、今をときめく吉崎観音氏。吉崎氏ももともとゲーマーですから、外したデキにはならないでしょう。これはかなりそそられますね。

せっかくなので、1時間以上並んでプレイしてみました。

オトメディウス:上部モニタ
オトメディウス:上部モニタ

今の技術でグラディウスを作ると、こうなるだろうな…というのが第一印象。すべて3Dグラフィックになっています。それでも、ゲーム自体は2Dですから、グラディウスシリーズで遊んだことがあれば、違和感なくとっつけます。

最初からバリア装備された状態でスタート、つまりは残機+体力制になっているため、だいぶプレイしやすくなっています。

コナミのネットワークシステム「e-AMUSEMENT」に対応とのことで、プレイヤーの興味をどのように持続させてくれるかも見所ですね。

セガブースでは、大道芸人?がお出迎え。これは何に絡めたプロモーション?

セガブースの大道芸人?
セガブースの大道芸人?

ネットワーク対戦クイズ アンサー×アンサーをプレイしてみました。全国のプレイヤーと、リアルタイムで対戦できるクイズゲームです。

アンサー×アンサー
アンサー×アンサー

早押しが燃えますね。コンマ数秒差で、分かっていた問題を答えられてしまったときの悔しさといったら。

個人的な注目は、参考出展のシューティングラブ。2007 〜EXZEAL&シューティング技能検定〜。名前の通り、1つの筐体に異なる2種類のゲームが入っています。私はもちろん、シューティング技能検定の方を遊んでみました。他のプレイヤーも軒並みこちらを選んでいる模様。

シューティングラブ。2007
シューティングラブ。2007

かなり地味というか、押さえた演出というか、淡々としていますが、個人的には好きな雰囲気ですね。いくつかミニゲームをこなして、シューティングの技能を測定してくれるというものですが、雰囲気も含めて、まるでシューティング版脳トレみたいだなぁと思いました。

私の結果は「普通」。判断力と弾避けがちょっと良かったです。他の人は「ひよっこ」とか「まだまだ」だったので、シューターとして最底辺ではなかった模様。

今回のAOU、大きな目玉はなかったものの、個人的に気になる作品も見つかりましたので、なかなかおもしろかったんじゃないかと思います。

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる