TOKYO GAME SHOW 2006

2006/09/23 … 幕張メッセ

さあ、据え置き次世代機がそろい踏みとなるゲームショウ。いろいろと楽しみです。

行きの京葉線の中で、セガのシャツを着た外国人の集団を見かけました。スタッフ用のシャツっぽかったのでコンパニオン? それにしても家から着てくるのって変じゃないですか? 外国人だからそんなの気にしてないの? それともセガファン? 謎です。

会場入口
会場入口

会場に入ってすぐさま向かったのはバンダイナムコゲームス。アイドルマスターのステージイベントがもう始まっちゃっているのです。急げ急げ。

アイドルマスターステージイベント
アイドルマスターステージイベント

ステージに上がっていたのは、天海春香役の中村繪理子氏、如月千早役の今井麻美氏、そしてXbox360版の新キャラである星井美希役の長谷川明子氏。わ、もう美希役の声優さん出しちゃうんだ。これは貴重なイベントになりました。

美希の金髪は、染めたもののようです。ハーフとかじゃなかったのかー、すっかり騙されました。英語は苦手だそうですので、コテコテの日本人ですね。

そして、アーケード版のディレ1こと石原章弘氏が登場。Xbox360版ではシステム周りにもいろいろ手が入っている模様です。

そしてお待ちかねのミニライブ。「太陽のジェラシー(中村氏)」「蒼い鳥(今井氏)」と続いたあと、Xbox360版の新曲「relations(長谷川氏)」が初お披露目! これが美希の持ち歌になるのかしら? そして同じく新曲の「GO MY WAY!(3人)」。

ステージイベントが終了後、Xbox360版の試遊台にも向かってみましたが、180ぷん町ということであっさり断念。他にも行きたいところはたくさんあるので、1カ所に時間をかけていられません。

その横には11人全員のフィギュアが。これなに? いい出来ですね。欲しいですねー。

アイドルマスターフィギュア
アイドルマスターフィギュア

次に向かったのはイベントステージ。「日経エンタテインメント!×ゲームセンターCX ゲームの世界 この10年を大チェック!!」というイベントがあるのです。もちろん、ゲームセンターCXの有野課長こと、よゐこの有野氏がお目当てですよ。

日経エンタテインメント!×ゲームセンターCX
日経エンタテインメント!×ゲームセンターCX

ゲーム史の10年を振り返る、とかやってました。有野課長はもちろんゲームに造詣が深くておもしろかったのですが、司会のお姉さんは全然ゲームを知らないみたい。付け焼き刃の知識だけでしゃべってるっぽい。日系エンタの品田編集長も、上っ面の知識しかないみたい…。結果、なんかこう、話が深まらなくて面白味に欠けますね。

最後の方で、有野課長といえば挑戦、ということで突然、スーパーマリオブラザーズの1-1をプレイさせられることに。用意されたゲーム機が、シャア専用ゲームキューブだったので、有野課長、しきりに「欲しいなー」を繰り返していました。

スーマリ1はプレイしたことがない、と言いつつも、ちょっと危なげなくらいでクリアー。さすがです。

そのあと、こちらも無理矢理、1-2をプレイさせられた品田編集長、ジャンプすら満足にできずにゲームオーバー。「下手な人のプレイを見るのはおもしろい」と有野課長はご満悦そうでした。そうです、視聴者はいつもそんな気持ちです(笑)

カプコンブースの裏手、逆転裁判4のコーナーを覗いてみました。

逆転裁判4
逆転裁判4

成歩堂くんと真宵ちゃんが、過去のシリーズを振り返る映像を流していました。あんまり手間はかけられていないように見えますが、2人のやりとりがなかなか笑えます。またどこかの雑誌にDVDとかで収録されないかしら。

途中で挟まる、逆転裁判4のプロモーション映像がかっこいいなー。

さて、世間的にはゲームショウ一番の見所である、SCEブースの前にきました。もちろん、PlayStation3を前面に押し出しています。実機による試遊台も用意されているようです。

もう疲れて根性もないので、巨大スクリーンで上映されている映像を見るだけにしておきました。

SCEブース
SCEブース

さすがに綺麗だしリアルだし、すごいですね。上映されていたタイトルの中では、アフリカ(仮)がおもしろそうに感じました。どんなゲームか全然分かりませんけど。動物生態シミュレータで、サバンナ中を自由に見物できたらいいかなぁ。

セガブースでは、Wiiのタイトルを見てきました。実機を見たいですからね。

ありましたありました。スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合の前で、コンパニオンのお姉さんがリモコンを振っています。

Wiiリモコンを持ったお姉さん
Wiiリモコンを持ったお姉さん

ボーリングのミニゲームをプレイしているようで、まさに、ボーリングの球を投げるように手を動かすと、ボールが転がっていき、ピンを倒していました。ホントに直感的な操作。っていうか、お姉さん羨ましいです。リモコン触らせて欲しいです。任天堂体験会の前だからダメなんでしょうね。

それにしても、館内の人の多さときたら! 例年の土曜日は、こんなに混んでいなかったと思います。通路を歩くだけで大変すぎ。

そんな思いをしてイベントを見たりあちこち歩いたりしているうちに、いつの間にか閉場間際の時間帯に。毎年、こんな遅くまで居座らないのに、今年は時間の過ぎるのが早い…。

そんな折、コナミブースの前を通りかかると、ステージイベントの最中でした。WiiのElebitsですね。せっかくだから見ていくことに。ほとんど終わりの方だったらしく、デモプレイの後、歌手のheidy氏が主題歌「The Smile of You」を歌い上げてくれました。

Elebitsステージイベント
Elebitsステージイベント

ステージイベントが終わったあと、すぐ横にあるElebitsのコーナーでプレイの様子を見てみました。

Elebits
Elebits

ちょいちょいっと手首を動かす程度の動きで、カーソルをコントロールできるようです。これで障害物をどんどん動かしてエレビッツを見つけ出し、捕まえるゲームです。ルールは割にシンプルで遊びやすそう。Wiiのロンチタイトルは任天堂ソフトしか買うつもりがなかったのですが、これはちょっと興味が出てきましたよ。

ステージイベントをたくさん見学したこともあって、いつになく充実したゲームショウでした。先述の通り混んでいるし、立ちっぱなしだったのでかなり疲れましたけど。

それから、外国人の多さが印象的でした。常に視界に1〜2人は入っている、と言ったら大げさでしょうか。でも気分的にはそんな感じ。PS3を見に来たのかしら?

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる