スクウェア・エニックスパーティ2005

2005/07/30 … 幕張メッセ

2日間に渡って開催された、スクウェア・エニックスパーティ2005の初日に行ってきました。

考えてみれば、ハードベンダーではないソフト会社が、単独でイベントをするっていうのはとても珍しいことですね。強気です、スクエニ。

会場入り口
会場入り口

お昼に到着。ステージイベントである「スクウェア・エニックス ミュージックライブ」の開始時刻になりそうだったので、そのままシアターエリアに直行。

スクウェア・エニックスのミュージックスタッフによる音楽イベント。

一番手として、効果音チームから祖堅正慶氏が登場。

マイクを持ちだして、観客の声を収録したいとのこと。スクエニサイトのタイトルコールに使うんですって。

始まったばっかりで、会場は全然温まっていないのですが、なんとか2回目でつかえそうな声が録れたようです。ウォーミングアップには良かったかな。

お次は、谷岡久美氏によるピアノ演奏。観客をぐぐっと引き込みます。

演奏曲は、カゼノネ(ファイナルファンタジークリスタルクロニクル)〜バストゥークのテーマ(ファイナルファンタジーXI)〜メインテーマ(コードエイジコマンダー)

クリスタルクロニクルが最初だったのが、個人的に嬉しいです。好きなんですよね〜。

採りを飾るのは、BlackMagesから関戸剛・福井健一郎・河盛慶次の三氏。

ピアノとエレキギター、エレキベースによる、ファイナルファンタジーVIIメインテーマが流れます。静かでメロウ、いい感じのアレンジです。

こうして、あっという間にステージは終了。展示スペースに戻ります。

会場の真ん中に「懐かしのGAMEコーナー」があります。そこにあるのは…。

懐かしのGAMEコーナー
懐かしのGAMEコーナー

なんと、ファミコン版のドラゴンクエストI・II・III、そして、ファイナルファンタジーI・II・IIIです。ホントに懐かしい!

ファイナルファンタジーXIのコーナーでは、参加型のイベントが行われていました。既に用意された6人のキャラを操って、モンスターを倒すという内容みたいです。

ファイナルファンタジーXIコーナー
ファイナルファンタジーXIコーナー

私が見た回では、開始早々に何人もが眠らされて、あっというまに全滅しちゃってました。きっついなぁ。

ステージのすぐ脇には、XBOX360と、360用のFFXIが! 画面はほとんど動きが無くて、いまいちでしたけど、どこまでできてるんですかね。

XBOX360
XBOX360

さて、せっかく来たことだし、なにか遊んでいきましょうか。個人的に一番興味のある、スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団のコーナーに並んでみることにしました。NintendoDS用です。

スライムもりもりドラゴンクエスト2コーナー
スライムもりもりドラゴンクエスト2コーナー

普通に試遊させるだけではなく、来場者自身のNintendoDSにミニゲームをダウンロードして遊べるようになっていました。待ち行列に並んでいる間の時間つぶしにはもってこいです。

さっそくダウンロード。

ダウンロード中
ダウンロード中

「おためしコゼニトール」が遊べるようになりました。電源OFFするまで有効です。

おためしコゼニトール
おためしコゼニトール

水上にずらっと並んでいるコインを、サーフボードに乗ったスラリンが回収するというミニゲームです。慣性がつくので、細かい操作の難しいところがキモですね。

ついついやり込みましたが、自己ベストは2000点をちょっと超えるくらい。

そうこうしている間に、順番が回ってきました。

遊べるメニューが2つあって、大戦車でのバトルと、通常?のフィールドを冒険する、というものです。持ち時間がそこそこあったので、両方遊ぶことができました。

スライムもりもりは初めてやったのですが、良質のアクションゲームですね。スラアタックがキーポイント。落ちてるものを頭に載せたり、てきモンスターを攻撃したりと、いろんなことができそうです。

スラアタックをするために、ちょっとタメの必要なところが、こう、力を込めて何かしている、と感じさせて気分が良いです。

プレイが終わると、最近のシリーズでおなじみ「アモールの水」を貰うことができました。飲んだら、HP回復するのかな(笑)

アモールの水
アモールの水

コーナーを出る頃には既に夕方になりかかっていました。会場の中は、一部の行列を覗いて、通路などは閑散とした感じ。来場する立場からは、楽で良いんですけど。

ちょっと会場が広すぎるのかもしれませんね。もう一回り小さくていいかも。それとも、明日は凄く混むんでしょうか。

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる