マリオ&ゼルダ ビッグバンド ライブ

2003/09/14 … 日本青年館大ホール

解説! ビッグバンドとは、ジャズの演奏スタイルの一つです。トランペット4人、サックス5人、トロンボーン4人、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの17人構成が基本。読んで字の如く、「大きなバンド」ですね。

会場となったのは日本青年館大ホール。イベント中のトークで触れられて気が付いたのですが、昔、「8時だよ!全員集合」を収録していたところだったんですね。思わず、「おおっ」と、うなってしまいました。

日本青年館
日本青年館

開演間近

会場に到着したのは、夜の部開演10分前。入り口前も中も、既に人でいっぱいです。

ロビーの一角では、任天堂グッズの即売をやってました。そして、反対の隅には、歴代任天堂ハードとマリオ・ゼルダシリーズにちなんだアイテムがずらっと展示されていました。うわ、懐かしい!

ファミコンとスーパーファミコン
ファミコンとスーパーファミコン
NINTENDO64とゲームキューブ
日本青年館

そして、ショーケースの上には、本日のゲストである任天堂の皆さんによるサイン色紙が! かなり欲しいかも!

サイン色紙
サイン色紙

これは来場者の中から抽選でもらえたのですが、結局当たりませんでした。残念。

ブラスの威力に魅了され

いよいよ開演。司会は、伊藤あしゅら紅丸氏です。元クリーチャーズ取締役で、任天堂ソフトの制作にも多数関わっている方です。演奏は、東京キューバボーイズ・ジュニア。

1 スーパーマリオ64 オープニングテーマ〜地上のテーマ
(N64 スーパーマリオ64)
2 スーパーマリオブラザーズメドレー
(FC スーパーマリオブラザーズ)
3 マリオ・スキャットバージョン
(GC スーパーマリオサンシャイン)
4 GO GO マリオ
(FC スーパーマリオブラザーズ)
5 スーパーマリオブラザーズ3 エンディングテーマ
(FC スーパーマリオブラザーズ)
6 Besa me mucho
(近藤浩治リクエストによるラテンスタンダードナンバー)

ゲストは、まずマリオ・ゼルダの音楽をずっと手がけてきた近藤浩治氏が登場。それに続いて、宮本茂氏、手塚卓志氏も現れました。

肝心の演奏は、ブラスの迫力に圧倒! こりゃ〜格好いいわ。近藤氏もキーボードで演奏に加わり、サービス満点です。

スキャットバージョンのマリオは、マリオサンシャインのアスレチック面で使われていました。プレイした当時から格好いいな〜と思っていたので、生で聴けて嬉しいです。

GO GO マリオは、おなじみのメロディーに歌詞がついたもの。ニッポン放送の企画で、視聴者から歌詞募集したんですね。ムリムリの歌だね、と皆さん仰ってました(笑) 演奏中、客席からマリオの着ぐるみが飛び出してステージに向かって練り歩き。盛り上がります!

近藤氏は、ファミコンが発売された翌年に入社。任天堂としては初めて採用した音楽専任スタッフになります。

最初に手がけた楽曲はデビルワールド。ぜひ歌詞をつけたい、との提案により、取扱説明書に歌詞を載せたのですが、まったく流行りませんでした…(笑)

次に手がけたのが、スーパーマリオブラザーズ。最初は、画面から受ける印象に基づき、のどかな感じの曲を作ったそうです。しかし、それではゲーム内容に合わない!ということで、もっとリズミカルでアップテンポな、今の楽曲に差し替えたとのこと。ナイス判断ですね。

アコースティックと新世代のマリオ&ゼルダ

ここで、東京キューバボーイズ・ジュニアは一休み。代わって、有田純弘バンドが登場。ギター、マンドリン、バンジョー、バイオリン、ベースという、ちょっと面白そうな構成です。

7 ヨッシーアイランド アスレチックのテーマ
(SFC ヨッシーアイランド)
8 海辺でヨッシー
(N64 ヨッシーストーリー)
9 風のタクト タイトルテーマ
(GC ゼルダの伝説-風のタクト)
10 竜の島のテーマ
(GC ゼルダの伝説-風のタクト)
11 エポナのうた
(N64 ゼルダの伝説-時のオカリナ)
12 ドルピックタウンのテーマ
(GC スーパーマリオサンシャイン)
13 Grand father's Clock
(大きな古時計)

ここで、情報開発部サウンド担当の若手?である、戸高一生氏と永田権太氏登場。

戸高氏は、どうぶつの森のキャラである、とたけけのモデルとして有名ですね。とたけけのイラストが描かれたプレートの横で、ギターを抱えて立ち、「なにかリクエストはあるかな?」のセリフで、掴みはOK!

ヨッシーアイランドでは、作曲者である戸高氏自らがビブラフォンで演奏。一度聴けばすぐ口ずさめるメロディーを目指した、との言葉通りに、とても印象に残る演奏になりました。

風のタクトからの2曲は、すこぶる格好いい! さっきから「格好いい」としか書いてなくて申し訳ないですけど、実際、格好いいからしょうがないのです。

バンジョーとバイオリンの音色が哀愁たっぷりで、原曲の良さを更に深めてくれています。

ところで、原曲のバンジョーの音色は、宮本氏の私物からサンプリングしたものだとか。

音色が必要になって、社内にメールで「バンジョーをお持ちの方いませんか?」と送信したら、宮本氏からすぐに「あります」と返信が来たそうです。そもそも、そんなの持っているのは宮本氏くらいのもの…。

バンドがらみで、宮本氏の抱えているギターの話になりました。入社してからすぐ、そのフォークギター(今はアコースティックギターと呼びますね)を買ったそうです。ブルーグラスというジャンルの曲を弾きたくて、ボーナス2回分をはたいちゃって。

そのお金で任天堂の株を買っていれば、一時は1億円を超えていたハズという、もったいないと思いながらも、宮本氏の人となりが感じられるエピソードです。

大いに盛り上がって、行き着く先は…

ここで、演奏は再び東京キューバボーイズ・ジュニアに。そして、ここまで場を仕切っていたあしゅら氏が、バンマスに仕切りをお任せ。

14 ムジュラの仮面/ゾーラバンド
(N64 ゼルダの伝説-ムジュラの仮面)
15 ゴロンシティのテーマ
(N64 ゼルダの伝説-時のオカリナ)
16 お店のテーマ
(N64 ゼルダの伝説-時のオカリナ)
17 ゼルダの伝説メドレー
(DS ゼルダの伝説)
18 スーパーマリオサンシャイン エンディングテーマ
(GC スーパーマリオサンシャイン)
アン
コール
スライダーのテーマ
(N64 スーパーマリオ64)

バンマスは、観客である我々にリズムの取り方を教えてくれました。4拍目で手を叩くと演奏がグッと締まるとか、有意義なアドバイス。おかげで、以降の演奏はとってもノリノリ! だれが、お店のテーマで観客総立ちになると予想したでしょうか?

全ての演奏が終わり、いったん幕。しかし、すかさずアンコールを求める声が。戻ってきた宮本氏が、「僕らのお遊びにつきあってくれてホントにありがとう」と仰ったのが印象的。作り手の皆さんがやりたくて実現したイベントだったんですね。

アンコール曲は、スーパーマリオ64のスライダーのテーマ。奇しくも、昨年のスマブラコンサートでのアンコール曲、レインボークルーズの元曲です。最後を締めくくるのにはもってこいのテンションを持った曲です。ゲームで聞いているときには、そんな風に思ったことはなかったんですけどねー。

本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。帰り道、マリオのテーマ曲を口ずさみながら、大きく手を振ってご機嫌で歩いている私がいました。ありがとう、ありがとう。

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる