AOU 2003 AMUSEMENT EXPO

2003/02/22 … 幕張メッセ

ここ最近のAOUはいつもそうなんですけど、今回は更に輪をかけて書くことが少ないです…。

今回唯一と言っていいお目当ては、セガのF-ZERO AC

GC版がいくつかのイベントで公開されていて、そこでの評判がすこぶるいいようなので、とても期待しているんですよ。実際に作っているアミューズメントビジョン社長の名越氏は、任天堂をすごく評価してますし、きっと外すことはないだろうとも思ってます。

朝一番のステージイベントに間に合うよう、わざわざ早起きしていきました。

F-ZERO AC
F-ZERO AC

筐体はこんなのです。ブルーを基調にしたデザインがF-ZEROに似合っていて、且つ、クールですね。そんなに激しい稼動はしませんが、左右のステアリングに合わせて傾いたり、ぶつかったときに一瞬大きく揺れたりはするようです。

肝心の中身の方は、実際にプレイこそしなかったのですが(行列が長くて…)、画面から伝わってくる疾走感はかなりのものです。めちゃくちゃなスピードなんだけど、それを御してコースを駆け抜けていく感覚が、確かにF-ZEROだなぁ…と感じ入りました。

デザインや演出がやたら格好いいのは、セガの強みが出ていていいですね。セガと任天堂のコラボレーションとして、F-ZEROは絶好のタイトルだったのだと確信しました。

さて、その他のメーカーなんですが、これといって特筆すべき事がないんだなぁ…。

ナムコブース
ナムコブース

出展メーカー数が少ないということもありますが、その中で出ているタイトルも、今までのエンハンスばかりで食指を動かされないというか。

もちろん、遊べばそれなりに面白いんでしょうけど、「根本的に新しいなにか」は、残念ながら今回も見つけられなかったです。

あと、大型筐体ものが多く、ビデオゲームが弱いというのも、今に始まったことではありませんが、この不景気では店舗側にとって辛いところ。新しいものがなかなか入れられないから、お客をなかなか呼び込めないという悪循環にはまりそう…。

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる