スクウェア・セガ株主総会

2002/06/22 … TFTホール
2002/06/27 … 品川プリンスホテル

昨年から株式投資を始めたのですが、ようやっと株主総会に出られる権利を持ちました。今回、スクウェアとセガの株主総会に行ってきました。

【スクウェア】

土曜日開催とは社会人に優しい配慮です。

ここの株主総会では、自社製品を知って貰うためにゲームコーナーがあるという話は割と有名。それを期待して相方も連れて行ったのですが、既発売のゲームばかりだったのでイマイチ。だいたい、出ていた三本中の二本は持ってるしねぇ。

それにしても、出席者の層が若いこと!っていうより、いわゆるゲーマーが多いよ、きっと。同伴者も友人、彼女の類が多そうです。

総会が始まって、最初の質問が「今期無配なのはしょうがないけど、その代わりにFFXIで株主限定のアイテムを配布するとかしてくれ」とか言ってます。この発言には失笑の嵐。さすがに私も、バカだなぁと思いました。金銭的な投資に金銭的に応えるのが株式でしょう。それが嫌なら、客になってサービス・商品を享受するのが正道。

その手の質問は、総会のあとでIRカンファレンスという場を設けているので、そちらで行って欲しいと思っていたんでしょうけど…。

しかし、その質問は極端としても、SCEからの第三者割り当ての増資について、PS2向けのゲームしか作れないのではないかとか、投資家としてじゃなくてゲーマーとしての質問が多かったように思います。議題についての質問をしろって言われてるのに、この人達は聞く耳を持っていないのでしょうか。

面白かったのは、これらの質問に業を煮やしたのか、社外監査役の大前氏が発した言葉。

スクウェアという会社は、技術は一流だけど、経営はいまひとつだった。オンラインの投資や映画への投資はあのまま突き進んでいたら大変なことになるところだった。しかし、その危険性を忠告すると、経営陣も技術者らしく素直に聞き入れて、どうすればいいか一緒に考えてくれた。もう出せる膿は全て出しきったので、大丈夫。

とのことでした。熱く語っていたなぁ。しっかり、出席者の心を掴んだんじゃないかと思います。こういう人になら、経営を任せてもいいかなと思えたので、新任に拍手を送りました。

その辺の一環か、ここ数年の間は、収益の軸をパッケージソフトに置いているそうです。その考えを聞いて、出資者として一安心。まだまだ、オンラインゲームで儲けていく時期ではないですからね。将来への布石としてやっていくんだ、ということであれば納得できます。

【セガ】

こちらは平日開催。そのためか、ちょっと歳の行った人が多く見受けられ、少々堅苦しい感じ。普通の株主総会ってこういうものなんでしょうか。

スクウェアよりは小規模ですが、自社製品の紹介ということで、ゲーム台がずらっと並べてありました。やはり発売済みのものばかりですが。

最前列にスーツを着た人たちがずらっと陣取っていて、社長が「…で進めさせていただいてよろしいでしょうか」とか言うと、全員声を揃えて「はい!」とか言うんです。この人達、何者? 恐らく、議事進行をやりやすくするためにいるんだとは思いますが。あとで株主の一人から注意されていましたが、恐らく社員か関係者で、かなり前時代的な振る舞いみたいですね。

業績は、一時期に比べるとかなり良くなってきているようです。最終的には赤字になってしまったので配当は出ないのですが、来期はこれも黒字転換する目標だと。確かに実績が伴ってきているので説得力があります。

マルチプラットフォーム戦略がらみの質問もいくつか…というより質問の多くはそれ関係でした。なんであの機種にこのタイトルを出して、こっちには出さないんだ、という類のやつ。香山氏の話では、セガのスタンスとしては、グローバルな視点で考えていると。Xboxは国内では振るわないけど北米ではGC以上に売れているので、相応のタイトルを供給することで利益を上げていける。GCに関しては低年齢層に食い込んでいるので、ソニックは全世界でミリオン超えているし、モンキーボールもハーフミリオン行っていると。

お土産に、セガトイズが出している、お茶犬をもらいました。プライズものかと思っていたのですが、よく見るとちゃんとしたおもちゃでした。セガトイズなんだから、そりゃそうか。

セガのお土産、お茶犬
お茶犬

【総括】

両者で共通して思ったのは、視野の狭い人が多いかな、ということです。その最たるものが、配当がない責任は誰がどうやってとるんですか、とか株主優待を考えてくれ…という類の質問。少なからぬお金を出しているわけですから、気持ちは分かるんですけど…。

罰を与えて会社が良くなるなら、与えた方が良いでしょうけど、そんなので効果があるとは考えにくいです(株主の心境を考えると減給くらいはあってもいいかな、くらいは思いますけど)。そもそも経営方針が気に入らないのであれば経営陣を否認して代わりの人を連れてくればいいわけですよね。

会社全体がいい方向に転がらなければ配当だってでないわけで、株主優待を強要して、そんなところでマンパワーを使わせるのってもったいない。

いやぁ、株式会社を経営するって大変ですよね。こんな理不尽な要求にも応えていかなきゃいけないなんて…。

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる