2000年春の大阪行き

2000/04/28 … インテックス大阪、ポケモンセンターOSAKA

大阪で始めて開催されるゲームイベント、それが「おおさかゲームまつり」。開場の行列もさぞかし伸びているだろうと思って到着してみたら…そうでもないですね。

会場風景
会場風景

大阪国際見本市の中の一イベントという位置づけなので、当然他のイベントに行くお客さんも含まれているはず。とするとかなり少ないですよ。まあ、会期が6日間もあるのでこんなものなのかな。

さて、入場してみると結構賑わっている様子です。ファミリー層に向けたブース構成は、ホビーフェアあたりに近いかも。

その名が示すとおり、お祭り気分を味わうことが主目的のイベントなのですね。多人数でワイワイ遊ぶのが正しい楽しみ方なのでしょう。安売りゲームソフトはおろか、駄菓子を売っていたり、似顔絵書きまであったりと、本当に縁日気分。

展示ソフトは東京ゲームショーのときとあまり違いがないので、個人的にはちょっと物足りない感じ。というわけで試遊台はあまり触らなかったのですが…あ、ときメモ2ドラマシリーズvol.1で遊んだのでした。と申しましても、出だしとDDRの部分だけですけどね。ゲームショーのステージイベントで見たのと同じレベルのモノを操作できたということです。

ドラマ部分の画面はまるでときメモ2そのまんま。もうちょっと違う作品であることを訴えかける画面作りをしても良いのでは〜。DDRがまんまDDRであるのは別に構わないと思うのですけど。

川村ひかる(左)トークショー
川村ひかるトークショー

特設ステージでは、TV番組GAME WAVEのアシスタントでお馴染み、川村ひかる氏のトークショーが行われました。

ゲームのことを全然知らないのにゲーム番組のアシスタントをしていることで非難ゴーゴー(笑)の彼女が、このゲームイベントで何を話してくれるのか興味津々だったのですが、やっぱり彼女自身に関するネタがほとんどを締める普通のインタビューでしたぁ。

デビューのきっかけとかは面白かったですけどね。夜中に友達と道を歩いているとき、車を横付けされて「グラビアに出てみない?」と誘われたそうで、もともとグラビアアイドルにあこがれていた川村氏、いきなり水着を持って事務所を訪れたらえらく驚かれたとか(笑)

伊集院光氏についてのコメントを求められると、「今は、地方でポロって喋ってもネットに書かれちゃって、すぐ本人にバレちゃうから」とマネージャに釘を差されているんですって(笑) 優しくて良いお兄さんだそうですけど。でも毒舌(笑)

GAME WAVEに関わるまではN64を見たことすらなかったという川村氏ですが、ゲームも少しはやるようになって、番組(一時)降板の決定打となったクレイジータクシーを最近遊んでいるみたい。

さてさて、ステージイベント待ちなどで時間が空いたときには、ほとんどアーケード版サンバDEアミーゴをプレイしておりました。ショーに設置する筐体では当然フリープレイだろう…と思っていたのですが、しっかり200円取りやがる〜。セガだけじゃなくて他のメーカーもみんな同じ。コンシューマソフトがタダでプレイできるのに、これはダメでしょう! 実際、人付きはコンシューマ側の方が良かったように見えました。

ポケモンセンターOSAKAとゲームコーナー
ポケモンセンターOSAKAとゲームコーナー

それでもコインを入れちゃうのがサンバラーの悲しい性よね…。DC版(マラカスコントローラ付き)もいくつかあったのですが、やっぱりAC版の方が思う存分振り回せますから。

面白いのは、プレイする前はあまり人が居なかったのに、踊っているといつの間にかギャラリーが大勢集まっているんですよ! もう最近ではギャラリーが付かないと燃えなくなってしまったので、存分に堪能させていただきましたよ。

15時頃に会場を後にして、ポケモンセンターOSAKAに向かいます。こちらは丸一年振りになります。

大阪限定グッズなどをチェックするつもりで来たのですが、なんかぬいぐるみの新製品が出てるし…。条件反射のようにカゴの中へ突っ込んでるし…。かさばるのにぃ。

ポケモングッズ
ポケモングッズ

目を引いたのが、大阪限定のポケモン焼き! 要はピカチュウの形をした人形焼きなのですが、箱の装丁が個人的にヒット。毛筆風のロゴとピカチュウイラストが素晴らしいっ。私にピカチュウ属性はないのですが、このイラストはそれを超えて良いと思わされましたよ。

ちなみにピカチュウの部分はめくれるシールになっていて、その下にももう一匹ポケモンが…ゼニガメでした。個人的にはニャースの方が嬉しかったんですけど、まあいいや。

しばらく前、ポケモンセンターの隣にゲームコーナーが新設されまして、そちらもちょろっと覗いて参りました。

ゲームさながらに、ポケモンスロットもありますし! ジュースの自動販売機もあります! 特にジュースの方は、中に入っているのがポケモンブリックという手の込みよう。買ってみようかなとは思ったのですが、飲んだ後の措置に困りそうだったので(旅行中だし)断念。ひーん。

他にもクレーンゲーム(もちろん景品はポケモングッズ)やポケモンプリクラもあったりして、フリークにはたまらないスペースとなっております。

そんなこんなで帰途に就きました。とても疲れましたけど、実りの多い一日でしたよ。

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる