TOKYO GAME SHOW '99 SPRING

1998/03/20-21 … 幕張メッセ

はーい、年に二回のTGSの季節がやって参りました(^-^)/ どのメーカも、メインで見せるタイトルを絞り込んでいるように見受けられました。


§ コナミ §

コナミブース
コナミ

メインステージの周りにアーケードのBEMANIシリーズをずらりと揃えたおなじみになりつつあるスタイル。果たしてこの人付きの良さはいつまで続くのかしら。

コンシューマソフトとしての一押しはやはりDanceDanceRevolution(PS)で決まりでしょう。移植度に問題はなさそう。となるとあとはフットパネルの代わりとなる専用マットのデキ具合か…。で、私もプレイしてみました。全くの初めてです。無謀でした(爆) 最初の曲でさえ満足に踏めずに撃沈;;; そう、足運びが肝になることは、頭では分かっていたのですけどね。マットの踏み加減を確かめるどころの話ではございませんでした(^-^;;;

エアフォースデルタ(仮)(DC)もプレイしました。流石にDCだけあって画面は超美麗。今までのDC作品のように、ポリゴンがテカテカしていないのはGOOD。でもちょっと触った感触は、まんまエースコンバットだなぁ…。どうやってオリジナル色を出していくのか今後の推移を見守りたいですね。

ときめきメモリアル ドラマシリーズvol.3 旅立ちの詩もプレイ可能でしたが、発売間近なので今回はパス。


§ ナムコ §

ナムコブース
ナムコ

メインは、エースコンバット3(PS)とソウルキャリバー(DS)。

AC3は、相変わらずPSとは思えないくらい綺麗な画面。なのですが、前作と比べてあまり大きな違いが感じられないような。ぱっと見には、さしたるインパクトが感じられなかったというのが正直なところ。人気シリーズゆえ、外せない基本線はもちろんあるでしょうが、新作である以上分かりやすい違いを見せ付けてもらいたいものですが…。今後の調整に期待したいところ。

SCは、移植が正式に発表された直後でちょっとした話題になっていたところ。移植度合いが如何ほどかまでは私には判断できかねますが、綺麗でレスポンスも良くロードも早い。しかもこれが開発度30%とは、DCが出たばかりでここまでできていれば文句のつけようが無いでしょう(^-^) アナログレバーでも移動ができましたが、ちゃんとアナログとして扱っているのかなぁ。だとしたら、レバー入れ技などはどんな感じになるのでしょうか。


§ セガ §

セガブース
セガ

DCのヴィジュアルメモリへのゲームショー限定データのダウンロードサービスを行っていたのが印象的。物販コーナーでVMを販売するという念の入れよう。それだけに、大変繁盛していたようです。ソニックアドベンチャー(DC)の限定チャオデータは欲しかったのですが、あまりの混雑ぶりに断念(--;

シェンムー 一章 横須賀(DC)は昨年行われた発表回の頃よりは見せられるほどできてきたようです。THE HOUSE OF THE DEAD 2も良い感じで仕上がっているようで、楽しそうでした(^-^)

シーマンの模型も飾っておりましたわ。恐いよ〜(TOT)


§ スクウェア §

特別カラーリングカー
スクウェア

サガフロンティア2(PS)の絵本や童話の挿絵がそのまんまゲームになったような画面はそそりますねー。それから、レーシングラグーン(PS)という3Dレースゲームが出ていました。そう言えば、あれだけ3DCGをウリにしているメーカなのにクルマものはまだ出ていなかったのですよね。流石にぱっと見画面は奇麗で良さそうなのですが、ストーリー仕立てになっていてステージ間でデモシーンが挟まるのはどうかと…。レゲー好きとスクウェア的演出愛好者って、層が全然違うと思う;;


§ エニックス §

エニックスブース
エニックス

スペースの隅にそびえる大鳥居(笑) その中に配置されたモニタの中にはもちろんドラゴンクエストVII(PS)のビデオが流れています。どうみても、SCEのCM対抗(?)ですなー。エニックスも洒落がきいていらっしゃる(^O^) 頑張って年内発売するのだぞ〜。

ビデオでは堀井氏・すぎやま氏・山名氏が登場して、いろいろコメントされていました。情報として目新しいのは転職システムがさらにパワーアップして登場ということくらいで、あとは無難な内容でしたね;;

ここで気になったソフトがもうひとつ。せがれいじり(PS)です。これはゲームというよりデジタルブック若しくは環境ソフトといった方が良いかも。天才的なセンスによって作られた奇ゲーですわ。頭をウニにしたい人にお勧め。特にウゴウゴルーガが好きだった人は買わないと一生を棒に振ります(笑)。


§ リバーヒルソフト §

リバーヒルソフトブース
リバーヒルソフト

一時間ごとにワールドネバーランド2(PS)のイムぐるみが当たる抽選が行われていました…が、両日あわせて11回も参加したのに全てハズレ(T^T) パニオンのお姉さんにも絶対顔を覚えられてたぞ〜(恥) でもまあ、吉野紗香氏(タレント・ワーネバファン)と宮崎氏(ワーネバプロデューサ)の移住データは頂けたのでそれで満足しましょう。宮崎氏には私のカラシュ君を貰って頂きました(^-^)v

抽選会に何度も並んでいたため、隣のエイブ'99を嫌というほど見まくる結果となりました(笑) 横スクロールのパズルゲームでしょうか? アニメーションパターンがものすごく細かい…。丁寧に作りこまれた佳作という印象を受けました。ただ、そのキャラクター・世界観の異質さ故に一般ウケはしないかもしれませんが…(^-^;


§ バンダイ §

バンダイブース
バンダイ

ずらっとたくさんのワンダースワンを並べてプレイできるようにしていました。遊んでいるのは殆ど小中学生のよう。携帯機は低年齢層に強いのでしょうか? ま、WSはお値段も安いですしね。任天堂もウカウカしていられませんね〜。

基本的には良い機械だと思うのですが、モノクロだというのは今一つ請求力を欠いてしまいますね。でもあの画面サイズでカラーにすると価格が相当上がりそうですよねぇ。難しいところですね。



§ Sony Computer Entertainment §

SCEブース
SCE

「次世代プレイステーションについての発表はありません」という看板を設置する容易周到さ(笑) 実際、まだ筐体のモックアップさえないような気もしますし、現行PSの勢いを削ぐ真似をすることも無いでしょ。

ステージイベントで、発売されたばかりのウンジャマラミー(PS)の大会が催されていました。ラミーチームとパラッパチームに分かれての対戦。優勝者は趣味バンドベーシストのお兄さんでした。司会の兄さんがノリノリ(笑)で面白うございました〜。今作では対戦モードがあるので、こういうイベント向きですね。


§ カプコン §

カプコンブース
カプコン

マーブルvsカプコン(DC)、ストリートファイターZERO3(DC/SS)など、格闘ものが相変わらず元気。トロンにコブン(PS)はミニゲーム集になるのかしら? キャラクターの良さとあいまって、ちょい面白そうです。

また、ディノクライシス(PS)とバイオハザード コードベロニカ(DC)の政策発表会&ゲーム画面のビデオを上映しておりました。どちらも良くできていそうです。ただ、ディノクライシスはまんまバイオの恐竜バージョンって感じですねぇ。突然バーンと恐竜が現れてびっくり、という構図はバイオと代わり映えしない気がするのですが…。もうちょっと違う路線を期待していたのですけど。プレイしてみたら違いが分かるかしら?


§ SNK §

SNKブース
SNK

ネオジオポケットを前面に押し出していますね。個人的にはいまいち食指をそそられないハードだったのですが、突如発表されたSNK vs CAPCOMに興味をそそられました。だれもが考えた夢のタイトルですよね〜。肝心のゲームのデキが宜しければハードごと購入に踏み切るかも。


ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる