NEOGEO DJ Station Live'98

1998/01/17 … 新宿ルミネホールACT

行ってまいりました、「NEOGEO DJ Station Live'98」! NEOGEOゲームの声優さん方による、歌とドラマ(劇)で綴られるイベントです(^-^) 二日間行われたうちの、初日(1/17)の模様をご紹介致しまする。

メモも何も無い、うろ覚えの記憶頼りに書き綴っておりますので、正確さはあまり求めないでおいてやってください(^-^; それから、各キャラクターの歌については、CDを聴いておらずタイトルなど一切説明できないため割愛させて頂いて、ドラマシーンのみのコメントになります。ごめんなさいぃ(__;;

出演者は下表の通りぃ〜。司会・進行はコング桑田氏、演奏は新世界楽曲雑団 SUPER BANDでございます。

出演者と役柄一覧(敬称略)
野中 政宏 草薙 京(KOF)
安井 邦彦 八神 庵(KOF)
コング桑田 ギース・ハワード
生駒 治美 ナコルル(侍魂)
神谷 けいこ リムルル(侍魂)
麻績村 まゆ子 一条 あかり(月華)
曽木亜 古弥 不知火 舞(飢狼)
小島 朋子 ユキ(KOF)
石井 康嗣 山崎 竜二(飢狼)

舞台はBOF(Band Of Fighters)の練習が行われるスタジオ。練習開始時刻が遅れる事を、京が伝え忘れていた為に、待ちぼうけを食わされた庵はおかんむり。あまりにも分かりやすい二人の関係を象徴するスタートですな(^-^;

集まったメンバーは、京・庵・ナコルル。足りない…。アテナは中国で修行中、テリーは放浪中で連絡が取れないとか…(^-^; そこで急遽、舞・ユキ・リムルル・あかりの四人を加え、新生BOF結成と相成りました。

ですが、アテナ不在の為、ボーカルがいません。同時に名乗りをあげる京と庵。お互いの持ち歌をけなしあって優位を得ようとします。端から見ていると子供の喧嘩ですわ(笑) 結局、新メンバーの4人が揃ってボーカルということで落ち着きます。まー、彼女らでは楽器演奏できないでしょうしね。ユキがタンバリンを鳴らせる以外は(笑)

場面は変わって、特別ゲストの山崎が登場。KOFでの自分の扱いに不満があるらしく、BOFの妨害をする事でウサ晴らしをしようとします。まるで小悪党です(^-^; まぁ、奴はもともとチンピラみたいなものですけどね。

BOFの次の仕事は、ドラマ草薙家の一族。劇中劇という設定ですな。

愛車ママハハが事故ったため、シクルウに乗り換えて登場する、族のナコルル。そこへ、京とその彼女の庵子さん(爆)がやってきます。 場内からは、すかさず庵子さんコール! 庵のボイスで「く、草薙くん…」とか甘い言葉を囁くワケだ!(*^-^*;

浮かない顔の庵子さん。訳を聞いてみると、おフランス帰りのパパが勝手に結婚相手を決めて帰ってきたとか。その名はギース(^-^;;; すかさず、(多分)黒塗りベンツに乗ってギース本人登場。恋人の京がいると知ると、決闘を申し込みます。

さあ困った。何しろ、劇中の京くんは軟弱ヤローです。きしょい(気色悪いの意。神谷語)ヤローです。自分でもハナっから勝てるとは思っておりませぬ。

なにも対策を講じる事の出来ないまま、3日が経過。フラフラと入り込んだゲーセンで、謎のリムルル爺と遭遇します。この爺のツッコミが厳しいっ。手刀で京の喉元を「げしげし!」とリアルな効果音と共に遠慮なく〜(^-^;

会場近辺に貼ってあったポスター
ポスター

爺は、始めから諦めてしまっている京の姿勢に問題があると指摘。勇気を養う為に、プリクラに興じるギャル(ユキ&あかり)に混じってプリクラを撮るように命じます。なんでやねーん。

何を思ったか、ギャルに体当たりをかます京。しかし、良く見るとルックスは良好という事で一緒にフレームに収まってくれる事に。「これって、なんか幸せだよね」という京の台詞。その背後には怒りに打ち震える庵子さんが…。あわれ京。

「草薙家の一族」はここで次回に続く…って、次回って何時やねん!

BOF次の仕事は、牙神幻十郎杯お笑い大作戦。おもろい事をして幻十郎を笑わせたチームが優勝です。

一組目は庵。音楽性皆無の自分のテーマソング(?)を歌ってます。君、バンドマンやろ?もちっとしっかりせなぁ(笑) 3番まで歌って退場。しかし、舞台の端から様子を伺い、4番を歌おうとします(笑)

二組目は舞&あかり。お互いに相手の話を全く聞いていない漫才コンビ。しまいにゃ、素で喧嘩を始めてしまい、あっさり退場。

三組目はナコルル&リムルル。関西弁漫才でございます。声優さんがお二人とも関西ネイティブやしね。(全て関西イントネーションで)「こんなん知ってますか?」「知りません」「そうですか」を二回ほど繰り返すお約束(^-^; 結局、優勝はこの二人でした。何でだろう…(^-^;

ここで、山崎のBOF妨害作戦発動。京と庵に偽の手紙を渡します。それぞれ、相手の名を語って悪口を書き綴っているという、あまりにも分かりやすい内容。そして、いともあっさりと引っかかり怒りに駆られる二人。うーん単純単純(^-^;

口論の末、BOFは空中分解。京バンドと庵バンドに別れて、どちらが優れているか勝負をする事になりました。ナコルルがなんとか二人を仲直りさせようと東奔西走しますが、二人の間の溝は深く、結局勝負の日を迎えてしまいます。

それぞれの曲を披露し、我々観客の拍手の大きさで勝敗を決する事に…。

ところが、勝敗が告げられようとしたその瞬間、ナコルル乱入! 一人ずつでもこんなに素晴らしい二人の曲、もう一度BOFとして組んで演奏してもらいたくはないですか? 大きな拍手でこたえる観客。

ここで山崎の失言。「俺がせっかく作戦で…」これで、あっさり悪巧みが露見しました。っつーか、なんでこんな単純な企みに引っかかったんだか(^-^; 直後、山崎はフクロ(笑) 自前のスーツを汚れない様に脱いでご丁寧にたたんでいらっしゃったのがナイス〜。

誤解は解けたものの、元々仲が良い訳ではない二人の事、俺達は好きでBOFをやっていた訳じゃない、という台詞と共に別れてしまい…そうになりましたが、他のキャラの説得と、観客の拍手のおかげで渋々ながらもBOF再結成となりました。めでたしめでたし。

ここまで、トータルで2時間半あまり。かなりの長丁場でございました。当初の予定よりもかなり時間が押していたみたいですね。ちょくちょく観客からの呼びかけやコールが入り、その度に間を取られてしまうのも原因だったみたいですわ。ま、そこいら辺もライブの面白さではあるとは思いますけど。

いやはや、拙い説明で申し訳ございません(^-^; かなり嘘もついているような気がします(^-^;;; このライブの模様はCDに収録して発売されるそうですので、興味のある方はそちらをお聞き頂いた方が良いと思います。キャラに美しい妄想を抱いている方は遠慮して頂いた方が良いかもしれませんが、なかなか面白いですよ。特に庵のキャラが崩れまくっていて笑えます(^O^;

ひとつまえにもどる
いりぐちにもどる